東京国立にある出張訓練WANLOVE代表トレーナー渡辺のコラム集です。
犬との駆け引き

犬との生活をより快適なものにしていくためには、前回のコラムでも書きましたように、人がリーダーシップをとっていく事にあります。全ての物事が人主導で進んで行けば全てが上手く行く・・・・とまでは言いませんが、それに近い状態までは持っていけます。犬生活の第一段階はおおむね成功!といった感じでしょうか?
今回のコラムではここに至るまでには、ではどのようにして持っていくべきなのか?という所に焦点を当てて行きたいと思います。
まずは家の中、犬とどのようにして暮らして行きたいのか?犬にどのようにしていて欲しいのか?を頭の中にイメージしてみて下さい。
細かなルール決めは各家庭ごとに異なっていても構わないと思います。家族の中での決め事は一本化しておいた方がやりやすいので、家族構成や生活のスタイルによってルールを決めて行きます。
例えば・・・・吠えても構わない、吠えて欲しいと思えば吠え行動を制御する必要はありませんし、顔をなめられると気持ち悪いと思えばなめる事を禁止させる、飛びついては困ると思えば止めさせる、飛びついても構わない、むしろ喜んでいるので飛びつかせてあげたいと思えば強化していけばいいだけの話です。
ただ、一般常識として、して欲しく無い!と思われる行動はおおむね皆さん同じ事をお考えだと思いますので、私の方からコレはイケナイ!アレはイケナイととやかく言うつもりは全くありません。
やっていく事はひとつ、良い所は伸ばし、良くない部分は消去していくのみです。
ただ・・・・そんな事は解りつつもついつい巻き込まれがちなのが可愛い愛犬のペースです。帰宅をすれば大喜び!いけないと思いつつも撫でまくったり、抱きついたり、抱きつかせたり・・・。吠え始めれば何か起こったかとついつい近寄り話しかけたり、遊んでしまったり・・・。
おもちゃを咥えて持って来れば「お前はかしこい犬だ!良くぞ持ってきた!」とボール投げを始める・・・・。
ここに書いた様な事はどこの家庭でも普通?に見られる光景ではないでしょうか?
ただ・・・全てにおいて犬のペースで事が進んでいる事にお気づきでしょうか?抱きつくにしても、吠えるにしても、ボール遊びにしても、飼い主の指示によって全てが始まり、飼い主の気分や都合によって全てが終わるべき事ばかりです。
指示によって始められる事なら、指示によって止めさせる事が出来る可能性は非常に高いです。これが犬が勝手気ままに始めてしまう事、もっと言えばそれに飼い主が乗っかって助長してしまうと事態はより悪い方に転がり始めてしまいます。
楽しい事は恐るべき勢いで学習が進みます。いくら怒っても、怒鳴っても、余計な問題行動を消去出来ないのは楽しくないからです。
ここで重要なのは、果たしてお飼いになっている犬が人の指示に従う喜びを知っているのか、否か?というところです。
指示に従う楽しさを教えるのにそんなに難しい技術や知識は要りません。
”オスワリ”だけでも”お手”だけでもその指示に従って、座ったり、お手をしたりする度に褒めてもらったり、オヤツをもらえたら言う事を聞く楽しさが犬にも理解出来るはずです。
全ての学習の基礎はここにあります。要求(指示)に対する反応(オスワリやお手)があり、報酬(褒める、オヤツ)があって始めて学習が成り立ちます。
このパターンが崩れない限りは犬は大喜びで人の指示に従ってくれます。
すなわち、人が主導権を握り、犬を容易にコントロールしていけるのです。
人の勝手な都合や欲求でルールを二転、三転させている限りはなかなか関係性は成り立ちません。どうしたいのか?どうさせたいのか?を明確にし、犬との関係性を良好にし、楽しく犬と暮らせるように上手にコントロールする方法を身につけて行って下さい。

 

2004/10/30

posted by 渡辺元規 | 13:15 | 犬との駆け引き | comments(0) | - |
Search this site