東京国立にある出張訓練WANLOVE代表トレーナー渡辺のコラム集です。
興奮!

今回コラムでは”興奮””落ち着きが無い”あたりの話を・・・
良くご相談でも「全く落ち着かないんです・・」とか「すぐに興奮してはしゃぐんです・・・」等、良くあるお話です。
興奮して落ち着かないのは、環境や育っていった過程での事も考えられますが、多くは元々持っている性格の部分、お飼いになっている犬種の特性の部分は大きいですね。
ではどうしたら落ち着くのでしょう?
「おとなしくしている」事を強化していくのです。
部屋の中でイタズラをしている時は多くの場合なんらか飼い主さんからアクション(怒られたり、追いかけられたり、時には叩かれたり・・・)を起こすものですが、不思議と落ち着いておとなしくしている事に対しては皆さん何もアクションを起こさないようです。
これではこのコラムでも何度も書いているように、ついイタズラをしている愛犬に対して一生懸命”かまって”しまうのですが、これではイタズラを強化しているようなものです。
おとなしくしている時こそなんらか(やさしく声をかける、やさしく撫でる等・・)のアクションを起こし、その行動を強化するべきです。但し、寝た子を起こすようなかまい方では無く、”やさしく””落ち着かせる”ようにがコツです。
またこれと同時に行動範囲を制限し(サークルやバリケン等の活用)余計なイタズラをさせない工夫も重要です。
こういった事を日々コツコツと続けて行く事で”おとなしくしていると良い事が起こる”感覚を養って行って下さい。
ただ・・・・明日、あさって、もっと言えば1週間後から効果がはっきり現れる訳ではありません。あくまで気長にコツコツ・・・です。
落ち着く事や興奮しなくなる事を望む(宝くじみたいなものです!)よりは興奮していてもコントロール出来るようになる方がずっと早いですよ。
方法は簡単!ボールでも引っ張りっこのロープでも、犬が目の色を変えて夢中になれるおもちゃで、わざと興奮させるように遊びます。
遊びの中でボールを投げる直前や、ロープを咥えさせる直前に”座れ”や”伏せ”のコマンドを出し、指示に従ったらその遊びをしてあげるようにして遊びを続けて行きます。
この作業だけで興奮していても指示に従えるのかどうかの確認が出来ますし、wanlove!!の訓練方針である”人の指示に従う事は楽しい!”の感覚を養う事が出来ます。
まさに遊びの中で関係性を作り上げる事が出来る”楽しい”トレーニングです。皆さん、是非お試し下さい!

 

2004/12/08

posted by 渡辺元規 | 13:13 | 興奮! | comments(0) | - |
Search this site