東京国立にある出張訓練WANLOVE代表トレーナー渡辺のコラム集です。
睡眠

多くのお客様の上手く行かなかった原因は人と暮らすルール作りに重きをおかず、自由にさせ過ぎたところにあるようです。
子犬は当たり前ですが、生まれて間もなく、まだ右も左も分からない状態です。何が悪くて、何が良いかもわかりません。
お座り、伏せ、お手などの動作は皆さん上手に教えるのですがルール作りには苦戦するようです。
ルール作り・・・というと何か難しい事のようですが、サークルの中で落ち着いて過ごさせるだけです。
子犬はとにかく良く寝ます。一日20時間前後寝ると言われております。
皆さんのお宅の子犬はどのくらい寝ていますか?
出している時間を多く取れば刺激や誘惑も多いので興奮して必然的に寝る時間も少なくなっていきます。
起きて自由に動き回っているということは余計な失敗をする確立は高くなります。
犬のしつけの最大のコツは「失敗する確率を下げ、成功する確率を上げる」ことにあります。
また行動が習慣化する生き物です。
良い習慣も悪い習慣も継続していきます。
サークルで落ち着いて過ごす習慣をつけ、出す時間には必ず目を離さず、人に注目して遊ぶ習慣をつけるだけで生活が一変するはずです。
寝る習慣がつけば後々お部屋で自由に過ごさせる様なスタイルに移行した時にも落ち着いて過ごしてくれる様になっていきます。
毎回毎回興奮し、飛び回る癖を付けてしまえば、自由になった時にも同じ行動を繰り返し、なかなか快適に犬と暮らす・・・というところにたどり着きにくくなってしまいます。
皆さん、可愛がりたい、かまいたいという気持ちは良くわかります。
その気持ちをグッと抑えて、後々の素晴らしい犬との暮らしのため、上手に習慣付けを実践して見てください。

 

2006/09/07

posted by 渡辺元規 | 13:07 | 睡眠 | comments(0) | - |
Search this site