東京国立にある出張訓練WANLOVE代表トレーナー渡辺のコラム集です。
トレーニングを楽しいと感じれるまで

トレーニングを行う際、飼い主さんには遊びを伸ばし、楽しく動ける様にゲーム感覚でトレーニングを進めます。とご説明させて頂きます。
確かに遊びを伸ばす、ゲーム的な事で伸ばしていくのですが、最初から飼い主さんが楽しいか?は人それぞれに感じ方はあると思いますが、なかなか楽しむ余裕がないのでは?と度々思います。
実際に楽しい感覚に入るには人に犬の挙動を良く見る余裕があり、指示に対して良い反応を返してくれ、ちょうど歯車が噛み合う様に、人と犬の呼吸が会い始めてからがトレーニングを「面白い!」と感じられるのではないでしょうか?
この「面白い」「楽しむ」には犬が覚える部分ももちろんありますが、僅かで、むしろ人が上手に誘導出来、正解を引き出し、さらにその正解する事に楽しみを付随させられるか?が最初のポイントです。
この部分が疎かであったり、刺激の無い中で集中を得られないとより難しい条件下でのコントロールは困難になります。
段階を追って状況/条件のレベルをコツコツ上げて、話を聞ける/集中出来る の確認を取りながら進めて行くことが上手く行く最大のポイントです。
一つ一つの行動に対して、この場合はこう、では無く一定時間/一定距離の行動全体のコントロールが出来る事が大事です。
そのための集中の素を作る遊び/ゲーム の感覚で飼い主さんの話を聞く面白さを伸ばして見てください。

posted by 渡辺元規 | 15:26 | トレーニングを楽しいと感じれるまで | comments(0) | - |
Search this site