東京国立にある出張訓練WANLOVE代表トレーナー渡辺のコラム集です。
<< トレーニング | TOP | 社会化 >>
陽性強化と陰性強化

よく「犬は褒めて育てましょう」とか「歩行中前に出たらリードを強く引いてショックを入れて!」などとものの本に書いてあったり、話されたりします。
上記は例ですが、平たく言えば前者が陽性、後者が陰性と言う事になります。
これはどちらが良い/悪いで語られがちですが、良い/悪いではなく、飼い主さんがどの方法を選択するか?だと思います。
本に書かれたり、話されたりしている多くの方法論は目的は同じ、良い子にしよう、育てようとして考えられ、書かれているものです。どの方法にせよ、大きく的外れだったり、間違っている事も無いはずです。
飼い方、しつけ方の選択の時に、僕が飼い主さんにお話するのは「何故犬を飼いましたか?」という質問です。
多くの方が「可愛がろう!楽しもう!」と思い、犬と暮らし始めるのでは無いでしょうか?
せっかく楽しもうと思っているところに「甘噛みしたらマズルをぎゅっと握って強くイケナイ!と言いましょう」とか「前に犬が出たらリードを強く引きショックを入れます」などとやっていたらなんのために犬を飼っているのか?本来の目的の楽しもう!というところとはかけ離れて行くのでは無いかと思います。
犬との関係は主従でも服従でもありません。
学習のポイントは何をすると何が起こるかを理解させるところにあります。
もっと言えば飼い主さんの話を聞く事が「面白い」と思わせる事が出来ればもう何も問題は起こりません。
恐怖や威圧で得るものは多くはありません。不安ばかりです。
犬は楽しい事は一生懸命しますが、つまらない事に努力したり頑張ったりしません。
今頑張れば良い学校に入れるかも?就職出来るかも?と思い、努力出来るのは人間だけです。
楽しみを作ってあげる事により、犬の学習効率は飛躍的にアップします。
また人も然り、楽しくない事を一生懸命やってはいられません。
皆さんが犬育てを楽しめる様な方法に出会えます様に。

posted by 渡辺元規 | 15:28 | 陽性強化と陰性強化 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site